服装①【女子アナスタイル】



いやぁ~めっちゃ引立てました。感謝されたいほどに・・・(※勝手に引き立てただけ)


【世に言う女子アナコーデとは?】

女子アナコーデというのは、ご存知の通り「パステルカラー、フレアスカート、アンサンブル、シフォン素材、花柄、プリーツ、レース」等々女性らしさ代表、といった感じの服装ですよね。
主には華やかな女性アナウンサーたちが着ているコーデを指しているかなと思います。特徴としては、下記のような感じでしょうか。

・女性らしいディテールと素材を使っている。
・華やかで品があり、好感度が高い。


・・・・・・そうです。お気づきの方もいらっしゃいましょうが、この女子アナコーデというものは、婚活をしている女性の大多数が意識しているファッションなのです。



【婚活で最も推奨されている女性の服装】

婚活の場において大多数の女性が女子アナコーデを意識するのはなぜなのか?
それは「それが最も推奨されており事実、一番婚活男性への受けが大変よろしい」からです。特に婚活をしている男性へ的を絞ると、その受けは絶大で間違いがないからです。
男性との出会いというのは、あらゆるシーンで発生しますが、こと婚活という「結婚へ続く恋愛」が主たる目的となっている場では、やはり「女性の魅力」というのが非常に重要になってくるのです。
そのため、「婚活の服装」というのはネット上に限らず、婚活系の情報を発信している媒体ではどこもかしこも「女子アナコーデ」推しは必然とも言えるでしょう。


ただ、個別対応はしていないので、広い範囲へ好印象な反面「ボーイッシュな感じがタイプ」ですとか、「ギャルっぽいのがタイプ」みたいな
「これ」というものがある男性に対しては(かつそれが女子アナ系統ではない)逸れてしまいますが・・・・


とはいえ自身の5年の婚活を振り返ってみた時に、やはり体感としては、婚活に来る男性は、個性よりも女性らしさを求めることのほうが圧倒的に多い印象です。
ですのでもちろん、わたくしシカも広義で「女子アナコーデ」を激推しさせて頂きたい所存です。



【アラサー以上は男性受け抜群の服装の落とし穴に要注意】

ここで、漫画の記事に焦点を当てたいと思います。(男性視点で)万人受けする女子アナコーデですが、注意が必要です。
そうです。「女子アナコーデ」というのは、深く考えずにぼんやりと着てしまうと、とんだ落とし穴にはまってしまうことがあるのです。(わたしです!)


それはなにかというと・・・・・・・


大半の女性がやっている服装ということは即ち、同じような服装ならば当然「容姿順」「若さ順」になってしまうということです。


男性視点で考えると、(女性的には)否が応でもこの「容姿」や「年齢」を浮き彫りにさせてしまうのですよ・・・・!(はぁ・・・引立て役に回ったとき悲しかったな・・・)



【誰にでも似合う無難な服装は、実は危険という事実】

アラサーにはアラサーに似合う女子アナコーデというものがあるとは思うのですが、当時のわたしは女子アナコーデへシフトしたてで、かなり失敗していたように思います。
どのように失敗しているかというと・・・

①無難に過ぎる
②個性がない、雰囲気が合ってない
③ある種、芋っぽくなる(特に地味顔、和風顔だと・・)
④コンプレックスが気になる・・・(体形カバーをしてくれない)


無難という意味ではいいのですが(可もなく不可もなく)似合ってるかというとそうではない・・・という感じでしょうか。
そして、上記のような状況で婚活の場へ繰り出すとどのようなことが起こるのかというと
似合っている人、容姿が抜群に良い人などなど・・・自分より秀でた方との差がえげつなくなってしまうのです。

容姿で勝負できる方(特に若い方)は、男性受けなどを考えるのみで色々クリアできそうですが、ぱっとしない平凡女が何となく女子アナコーデをするのは危険です。
量産ぽい状態となるため根本的にもっているもの(主には容姿、年齢など)で比較されてしまうということが起こってしまうのです。
※1対1で会う状況を選べば、この記事のような状況は多少回避されるかもしれませんが・・・
※ちなみに、参加人数多めで、20代中盤~という女性参加要件のイベントは恋活目的の比較的若い女性が多かった印象なので最も気を付けたほうが良い場かと思います。



【アラサー以降の女性が考えるべき女子アナコーデの解】

やはり、婚活パーティーなどの相対評価が甚だしくなる場へ行くにしろ、男性と個別でお見合いをするにしろ「出会い」を良縁にするためには、少しでも自分が「素敵に」「きれいに」見える服装を目指すのがベストだと思います。

20代中盤当たりの女性なら、まだ「似合う」ということを深く考えずともどうにでもなる感がありますが、アラサーにもなってくると、老化がうっすら開始しましてそこへのフォローも必要ですし、人となりに対する雰囲気も十人十色、自己プロデュースがそれなりに必要になってきます。
「自分に似合わせる服装」をいかに追及するかで、見た目というのはかなり変わってきます。(もちろん良い意味で、です)

女子アナコーデを「いかに自分にフィット」させるのか?これは(平凡なアラサー女性は特に)洋服選びの際に意識するといいんじゃないかなぁなと思います。
特に、「年相応の女性らしさ」と、「自身の内面に合った方向性」というのは意識するだけで、魅力が更に増すのではないかと思います。
同じフレアスカートでも、「柔らかい素材で落ち着いた色味と丈」や、「直線的でシンプルなフレアラインで丈も少し短め」など掛け合わせは様々あります。
分かりやすい王道に固まらずとも、女性らしさは表現可能であるのではないでしょうか。



応援頂けると幸いです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


スポンサードリンク