本日は、パーソナルカラーについての記事となります。

服装②【パーソナルカラー】


【肌の色によって似合う似合わないが存在する】

わたくしごとで恐縮ですが、ブルーのブラウスが自分でも驚くほど「似合わない」という事実が、数年前に発覚しました。
漫画記事にあるように、試着前は店頭で「どちらの色を買おうか」数十分悩みました。その間に店員さんに2~3回声をお掛け頂きました。
「それ可愛いですよね~」「ピンクは○○で、ブルーは・・・で~・・」「それブルーはもう在庫が2点しかないんですよ」などなど言っておられましたが、真剣に悩んでいた為その都度生返事なわたし。(ごめんなさい・・脳内でめっちゃ検討中でして・・)


そして試着しましたが(悩みすぎ)秒でした。ブルー、似合わなさすぎ。


すごいですよね、色って大事なんですよ!大事なのでもう一度言いますが「色って大事」なんですよ。人には似合う色、似合わない色というものが存在するのです。
漫画記事では「え~、そういうのはあるかもしれないけど、言うほど重要じゃないでしょ」という方にわかって頂きたく、自身のエピソードをお届けしました。



【周りを囲む色によって、見え方が本当に変わってしまうという不思議】

下記の画像を見て頂くとわかるかと思いますが、いかがでしょうか?左右の中心の肌色が違ってみえませんでしょうか?中心の肌色は全く同じ色で塗っております。なのに違って見えてしまう。不思議ですがこれは顔と洋服でも同じことが起こっているのです。

例2



【パーソナルカラーは垢抜けるし、肌がきれいに見えるしいいことずくめですよ!】

この、主に似合う色(相対的に似合わない色もわかる)をパーソナルカラーといいます。(有名ですね)この「似合う色」というものを身に着けるとどんなことがおこるかというと・・・・

・血色がよくなり、肌がきれいに見える
・肌や目に透明感が出てきれいに見える
・シミやシワが目立たなくなってきれいに見える
・・・すみません。きれいに見えるを強調しすぎな感がありますが・・・そうは言ってもやはり強調させてほしい。
なぜなら、若い女性にはあまりピンとこなくとも、アラサー以降だとこの肌映り的なものが絶大な効果を発揮してくるからです。既にご経験のある方も多いと思われますが、アラサーともなってくると夕方以降とか容赦なく肌がくすんできますからね。


そして、アラサーでの婚活ともなると、平日の仕事終わりに男性とのデートや面談の予定を入れている方が大多数だと思います。
そしてその際に不可抗力的にお疲れ顔をさらしてしまうことになりかねません。
いくら仕事後とはいえ、大事な大事なお相手候補の方との機会を無駄にしないためにも、ここはひとつパーソナルカラーを婚活にとりいれようではありませんか!


ちなみにパーソナルカラー上で似合わない色を着てしまうとどうなるか。

・上記の点が逆になり、悪目立ちする


です。(お・・・恐ろしや)ただでさえお疲れ顔になる夕方以降に、マイナスな要素(くすみやシワを協調)を投入するなど恐ろしいことこの上もない!そう思いませんでしょうか??
※仕事後、家に直帰とかの日ならば全然問題ないですけれども・・

これはもう本当に取り入れた方が良いです。アラサー以降の方々なら尚のこと。



【パーソナルカラーは全部で4パターン】

まず、人の肌の色は大別して「イエローベース(黄味肌)」と「ブルーベース(青味肌)」の二つに分かれます。その各二つが、更に2パターンに分かれていきますので、代表色と共に見ていきましょう。

・スプリング(イエローベース)
春


・サマー(ブルーベース)

夏

・オータム(イエローベース)

秋

・ウィンター(ブルーベース)

冬

と、なっております。



【自分のパーソナルカラーの調べ方】

パーソナルカラーをどのように調べるかということですが、下記をご参考下さい。

①自分のワードローブで「青みがかった色」と「黄味がかった色」のトップスを用意する。
②晴れた日などのなるべく自然に近い光のしたで鏡で見比べてみる。
※個人的にはウィンターはロイヤルブルーやブラック、オータムはテラコッタやカーキ、スプリングはパウダーピンクやエクリュ、サマーはダスティーブルーやラベンダーなどが確認しやすいと思います。


顔の血色がまったく異なって見えるのでその違いを確認してもらえるといいと思います。
上記の方法をウィンドウショッピングの際に確認いただくのも、わかりやすくていいと思います。(わたしはウィンドウショッピングで発覚したので・・)


ちなみに、実際にプロの診断を受けるという手もあります。コストが多少かかりますが、確実性は高いのでおすすめです。



【パーソナルカラーを婚活でどう活用するのか?】

①顔回りにくるトップスは自分のパーソナルカラーにする。
・・・これはもう絶対に取り入れて頂きたいです。もし、パーソナルカラーではない色を着たい場合はボトムスに取り入れましょう。
繰り返しますが、顔回りにもってくると残念なことになるので要注意です。(婚活外なら気にせず着たいものを着ましょう)


②コスメ(主にリップとチーク、眉毛)に取り入れる。
・・・これは特に仕事後の婚活で是非是非取り入れていただきたいものとなります。お疲れ顔のフォローに絶大な効果を発揮してくれます。
コスメだとピンクやオレンジが主流となりますが、ピンクひとつをとっても似合う色がぜんっぜん違います。

スプリング
スプリング

サマー
サマー

オータム
オータム

ウィンター
ウィンター




ちなみに、絶大に効果があるということは、その反面、似合わない色を取り入れると、驚くほど自身の顔がくすんだり「なんだか可愛くない・・・」ということになるので要注意です。盲点としては「眉毛」でしょうか。目の上に位置するパーツなので、意外と存在感があり影響力があります。



【男性にももちろんパーソナルカラーは存在します!】


パーソナルカラーはもちろん男性にも思い切り作用します。市販の洋服の色は女性ほどのバリエーションがないかもしれませんが、例えば・・


・ウィンター → ブラック
・オータム → カーキ
・スプリング → ライトグレー
・サマー → ダスティブルー


など分かれますので、シャツやニットを購入の際は取り入れていきましょう。例えば、ユニクロのコットンシャツなどはカラーバリエーションが豊富なので、ニットやスウェットの下に一枚挟むだけでも違います。これからの季節には単体でも活躍すること間違いなしでしょう。

それでは最後に、もう一つご参考までに漫画をご覧くださいませ。

服装③【パーソナルカラー】


平凡なアラサー以降の婚活男女のみなさま、「味方にできるものはすべて味方に」をスローガンに婚活をしましょう。

※ちなみに私のパーソナルカラーはスプリングです。



応援頂けると幸いです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


スポンサードリンク