今回は肉食女性について記事にしてみました。

肉食女子①
肉食女子②


【平凡なアラサー婚活女性たちよ肉食たれ。】

容姿が美しい女性は特に動かなくともよりどりみどりでしょうが、我々平凡かつアラサーともなると完全受身体制では効率が甚だよろしくない。


いえむしろ、美人の方でも婚活してるなら多少自分から動いたほうがよいかもしれません。


といいますのは、あくまでわたしの感想で恐縮ですが色々な出会いの場に参加してみた結果
男性のタイプの分布が下記のようになっているように感じたからです。


<婚活の場にあまりいない>

・本場の肉食男性

・キャベツが千切れて肉がはみ出てるロールキャベツ男性

・モテそうなアスパラベーコン男性


※上記に当たる方々は合コンなど、ライトな出会いの場にはよく居ます。




<婚活の場にいる>

・イミテーション肉食男性

・キャベツが頑丈で肉をきっちりがっちり包んでしまっているロールキャベツ男性

・モテたいアスパラベーコン男性

・結婚願望のある草食男性

・純然たる体目的の方々(金額が高い婚活ツールは使わない)



※ちなみにわたしの夫は婚活の場にいるロールキャベツ男性でした。



【婚活の場に居る男性たちと、女性が理想とする肉食男性】

婚活の場にいる男性は女性が「男性ってこうでしょ」と感じているよりも肉食度合が低めです。


いえ、男性の性として「興味があれば自分からいく」というスタンスはもちろんあるのですが、婚活男性の多くが合コンなどで遭遇したり職場の同僚にぐいっと踏み込めてしまうようなフットワークの軽い肉食(=本場の肉食)男性ではないなと思った次第です。


メインの記事にするのはしばらく先になりますが、今回の記事にあるようにわたしの夫との馴れ初めも先に踏み込んだのはわたしからです。


女性があまりにぐいぐいぐいぐい行くのは婚活の場においても微妙かもしれませんが、
軽く踏み込む程度のジャブはいつでも繰り出せるようにしておいた方がご縁も逃さないように思います。


ただ、軽いジャブを打った結果遅咲きで遊びに芽生えてしまったタイプにヒットしてしまうこともあります・・・


とはいえ、純然たる体目的の方々と違ってこの手の方々は、誘導が大層不慣れなため、ひっかかることはそう無いかと思いますので軽く流して行きましょう。



【一期一会の出会いなら少し傷ついても気にせず、のスタンスが吉】

漫画にも描いていますが、ほぼ一期一会のような婚活の場でたとえ上手くいかなかったとしても、その相手とその後何度も会うということはありません。



一瞬自分のプライドが抉られるくらいです。(まぁそれは辛いのですが・・一瞬ですから)アラサーで結婚願望が芽生えてしまっているならばどんどん自分から動いて行きましょう!





励みとなり、
ぐんぐん内容や絵が上達する
かもしれません


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村