続きです。
交流会【素敵な出会い④】
交流会【素敵な出会い⑤】




経っちゃったんですよ・・・


2カ月くらい・・・



自然な出会いきたぁぁぁあああああ


とか思いながら、
この体たらくです・・・


【自然な出会いをした異性との距離の縮め方】

この間にほかの婚活の場に
は参加していましたが・・時間かけすぎですよね。もじもじしすぎだよ・・・このアラサーは。


さて、
こういう状況で進めてくのは定番として


①まずメッセージのみで様子見
②とりあえず複数人で会う状況の誘いをする(二人きりだと警戒されてしまうので)
③①と②を繰り返すなかで様子見
④二人で会う状況の誘いをする


という感じでしょうか。
③から④の間に距離を縮めていくのがキモでしょうが、そこまで辿りつくのも正直ものぐさには大層難儀。



【相手との距離を自然に縮められないアラサー】

まず、メッセージ作成の段階で
ちょっとつまずきます(この文章でいいかな~出来る限り返信率高めたいけど・・とか言ってる)


そして送信ボタンを押すのを
先延ばします。


交流会は個性的な方が多いので
この普通なタイプとの遭遇はレア!彼が駄目でも彼の繋がりなら同じように素敵な男性がいるはず。彼を通しての出会いを開拓できたらラッキー!


「一期一会にするのはもったいない」


という思い(そうです下心です・・・)と
でも、こういうの不慣れだしめっちゃめんどくさいな。自分、これさっきの①~④のステップ続けられる?無理じゃない?


あれだけコミュ力高いということは
メッセージ送るだけで即この思惑がバレるだろうなとかいうことを交互に考え、

ループに重ねてループ!


この時期は
出会いの場に行くこと自体はそう難しいことではないと感じていたことや婚活に年齢的危機感をあまり感じていないことも相まって、


進まないものは放置しがちに・・


何か自分で振り返って記事にしていて
本当にあきれますけど・・。



【自分の瀬に立つと、更に踏み込めなくなる】

こうメッセージの送信でこれほどもじもじしていたのには理由がありまして、私自身が距離感があべこべというのが非常に苦手でして。


自分に好意を持って頂いた際、
「この人を好きになるかは分からないが、今即お断りをするという状態ではない」というような心境になることが、女性の方だとちょこちょこあるかと思うのですが、


そのとき距離感(二人の間の空気)を無視してぐいぐいぐいぐい来られると一発で「生理的に無理」
になってしまうのです。
(本場の肉食男性ってその当たりが不思議と上手なので、さすが本場と思う次第です。)


ですので、
自分が相手を追う側になったときはそれを凄く気にしてしまうというのがありました。


言い訳なんですけど。


そして・・
まだですね、肉食に成長する前だったのですよ。肉食になったからといって
成功するわけではないですが、時間の無駄は確実になくなりますよね。




もう少し、続きます。

↓次の記事



応援頂けると
とても励みになりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村