⑲-1
⑲-2
⑲-3


※キャラクターのビジュアルはエンタメ的フィクションです。




これは何度となく描いてきた「非正規コンプレックス」に陥っている時期の記事なので、もうこんな感じですね・・・


田中さんの発言は、今改めて思い出すとこんな内容のことを言っていたな、と思いながら書きました。
企業特有の話とかを把握できるようになったのは総合職になってからです。


当時は「ファシリテーター?何それ??」みたいなですね・・・。


横文字とか「????はてさて??」という状態でした。


何かこう・・・上(決定権を持つ人)に通すときは、あくまでその会議の場で決定を下してもらう場になるよう、前段階で十分な根回しをした上で、その場を開催するといいますか。そこまでして開催しないと「仕事ができる」と認識してもらえないといいますか(多分です)・・。特に役職候補の方だと、男女問わず「ことの進め方の精度」のようなものを見られるプレッシャーも凄まじいのかなと思う今日この頃です。


女性が別に仕事の話を男性と楽しくする必要はない気がするんですが、何か自分はそういう話をしたいところがあります。理解したい一貫でもあるというか・・・。変な平等主義が働くというか・・・・。男性ホルモン強いのかなぁとも思います。


で、あと一応自分としては非正規のことは、この日伝えようと思ってました。ラインでは触れないように返していたので・・・。


次の田中さん記事:婚活でときめくことがあった体験談【1対1当日⑤】



更新通知が届きます


田中さんの記事を最初から読む場合は下記からどうぞ。
tanaka2



イケメン田中さんの過去記事は下記からどうぞ。

takana




応援頂けると幸いです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村