㉑-1
㉑-2
㉑-3

※登場人物のビジュアルは心底フィクションです。




はい。まさかのカラオケ2次会です。


ちょ、


おい・・・・・


シカよこれまでの「初回カラオケは体目的説」はどうしたーーーーーっ・・・!


状態ですね。・・・・・・さーせん。


ちょっと記事修正の兼ね合いで以前上げた「日本海さん」の記事が、「初回カラオケは体目的説」についてかなりつっこみを入れているのですが、修正をするにあたりうっかり「下書き」ではなく「記事を削除」してしまい、現在ブログ上に無いのですが・・・・(いずれ再度載せます)




いや、とりあえず一度漫画の流れにもどします。


前回非正規をカミングアウトしました。さらっと伝えたつもりですが、さらっと伝わったかは謎です。


いや~ほんとね、表情が変わらないのですよ。田中さん。


反応でわかるっちゃわかるみたいな部分もあるんですが、大手企業で色々な人を相手にしているからかわかりませんが、とにかく人を変に下げたりバカにする物言いを彼はしません。


頭で考えたであろうことや、湧いた感情などを相手に読ませません。


「そうなんだ、頑張ってるんだね」とか、後は適度にわたしのフリーランスの活動に対して質問してくれたり・・・・ほんと、普通です。


だから少しほっとして、「あ、田中さんと会う上ではあまり気にする必要はないことなのかな・・?」という感情にもなりました。※自分のコンプレックスはもちろん、消えることはありませんが・・・




そしてカラオケへのお誘い・・・・・


咄嗟にOKにしたのは、時間が終電まで全然余裕があったから・・というのがあります。


小一時間歌って帰れば、終電なんて全然考えないで帰ることができる。明日の仕事にも支障なし。


それから、「じゃあカラオケ行く?」の流れがあまりに自然でした。わたしも、このときは「カラオケに割と行く」と、田中さんに言っていました。
※実際カラオケ行くのは好きなのですが、「日本海さん」のときは、言う前から「・・・・んん?」と思ったのがあり、一切伝えなかった次第です。あと、時系列的に「日本海さん」より田中さんの方が先に起こっている話だったりします。前後しておりすみません。


まぁ、頑なに1時間で切り上げて帰るという主張でいれば大丈夫だろう・・・という考えでした。


次の田中さん記事:婚活でときめくことがあった体験談【1対1当日⑦】


更新通知が届きます


田中さんの記事を最初から読む場合は下記からどうぞ。
tanaka2



田中さんの記事カテゴリは下記からどうぞ。

takana




応援頂けると幸いです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村