㉞-1
㉞-2
㉞-3


※登場人物のビジュアルは心底フィクションです。

恋愛の話って盛り上がりますよね。基本楽しいなと思います。


でも不思議と田中さんとは、この時ようやく恋愛の話題になったんですよね。


初戦ではあまりそういう話題にならず、わたしも田中さんを意識していたのもあって嫌われたくないという思いゆえに、下手にぐいぐい聞けず、という感じでした。


後に「ああ、こういうことだったのか」と思うこともありますが、


この時は単純に「割と壁がある」ので探り探りになってる、という風に思ってました。


「干物の時期が長くて~(笑)」


みたいに普段なら話せるんですけど、田中さんには何だかそう言いたくない心境でした。


見栄を張りたいというよりは「対等にいるために」というニュアンスとでも言いましょうか・・・・



※本当に中々話が進まなくてすみませんm(__)m・・・・絵を描くのにどうしても時間を要してしまい・・・・・お付き合いいただけると幸いです。


次の田中さん記事:婚活でときめくことがあった体験談【二度目には⑧】


更新通知が届きます(下記をクリック)



田中さん記事を始めから読む場合は下記からどうぞ。
tanaka2

田中さんの記事カテゴリは下記からどうぞ。
takana


応援頂けると幸いです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村