①-1
①-2
ネット婚活で
初めて会った男性が
かなり素敵な人では
ないかと思いましたが・・



フィーリングが合わない。
多分。



もう当時は愛嬌お化けへと
成長を遂げているので
対面している時点では
気付いていません。



楽しかった気がするけど
何が楽しいかよくわからない



こんな時は大抵
フィーリングは合ってないけど
異性として(言い方あれですが雄として)は
惹かれている。
性的には惹かれている。



こんな状況だと思います。



見た目とかスペックとか・・
内面以外の事柄では
惹かれていると。



ちょっと待て、
田中の時もそうだったぞ、と。



ただ、市松さんは
出会いの場が合コンよりは
真面目度合の高いネット婚活で



ご本人の人柄も
真面目で謙虚で
ちゃんとしてそう・・・・
④-4



すぐ無と判断するのは早計です。



婚活の場において、
・すぐ「無し」だと判断できる相手
・すぐ「有り」だと判断できる相手(一目惚れ系。人生においても滅多にないよ!婚活で遭遇してもほぼマッチングできない相手です)
であれば
とてもイージーなのですが、



どちらともわからず
どう倒れるかもわからない相手



というのがかなりいます。



こういう場合に
大事になってくるのが
「相手を見る目」
「自分の結婚観としての軸」
「明確な希望条件」
なんですよね。



このことに関しても
1記事たっぷり語れるな・・。
今度記事にしたいと思います。



ちなみに当時のわたしの
相手に求める条件では
フィーリングが結構大事なことの一つでした。
「フィーリング大事」病。
④-3




婚活Ⅰ期からⅣ期の中で
かなり変化しているので
この時の条件は
今自分で振り返っても
「それじゃ・・アカン」
って感じです。




ともあれ、
次のお誘いを頂きました。



次の市松さん記事


応援頂けると幸いです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
更新通知が届きます


特に本編とは無関係ですが、頑張って描いたという理由だけで置いておきます。(田中さん編を始めから読む)
67