⑦-1
⑦-2

何かですね・・・



一問一答があったためか
妙にイラっとしました。




何を見てるんですか、と。



いや、理想があったりはまぁまぁまぁ


それで勘違いして押し付けちゃうのも・・・



まぁまぁまぁ・・婚活なので。




でも



アポ中の会話の中で
わたしのことを知ろうとする質問を



全然してくれもしないのに、



「わかってます、
そうだと思ってたんです」



みたいのが妙に嫌な気持ちになりました。




この頃自覚はありませんが、
わたしは結婚のパートナーに



「わたしという人間を理解してほしい」



という思いがもの凄くあります。
もちろん逆もしかりで、



互いに相手を深く理解すること



これがわたしにとって結婚に求めるもので
重要なことの一つです。



必ずしも
長く一緒に居れば理解は深まる、
ということではないのが難しいところで、



1年経っても
10年経っても
それ以上でも


相手をきちんと見られる人がいい。
そういう努力が出来る人がいい。




その点で
名代さんはちょっと違うのではないかと。



この時点では本能的に
それを感じていたに過ぎないですけれども。







あと、道聞かれたりするのは



パッと見平凡で無害そうな顔面だからであって



性格うんぬんとは関係ないぜ。



人柄は顔にでるとは言われているが、



わたしの性格は自分で大方わかってる。
断じて、性格ゆえに
見知らぬ他人から道を聞かれているわけではないと思う。



揺れてるのも吹っ飛ぶ勢いで




これにて終了となりました。






あと、余談ですが・・・
完全に余談ですが・・・・・・




記事にある通り、
実は名代さんは写真よりも
大分むっちりがっちりしていました。



自衛隊に入る前の写真を使ったのかな?
というくらい、違う。




で、




彼と会ってた当初は
そこまでそれがどうとは思っていなかったのですが、



なんだかひっかかるな~



という感じでした。




何がひっかかっているのかというのが
明確に腑に落ちたのが




ゼク○ィ縁結びを終えて
一人反省会をしていたときでした。



この引っかかりは
彼の体格に感じていたものであると。



好きな方は好きな体格ですよね。



自分・・・・



めっちゃ自分の好み把握してねぇ



先ほど、自分のことをわかってる的に書きましたが、



こういうとこではわかってないのか・・・




見た目完全に草食が好きだと気付いたのは
このネット婚活を経てからです。



スポーツ観戦好きだし、
体育会系の男性とお付き合いしたことがあるため



自覚してなかった・・・・



めっちゃ反省しました。



婚活では、意外と
「見た目の許容範囲、および好み」を
ふんわりにしがち。



多分、「最も妥協できる部分」と
思われているからなんですけど。




でもわたしは主張したい。



見た目も自分の好みと許容範囲などを



きちんと把握していた方がいいと。



理想を高くとは全然違う意味で。



応援頂けると幸いです。
更新通知が届きます


特に本編とは無関係ですが、頑張って描いたという理由だけで置いておきます。(田中さん編を始めから読む)しつこく置き続ける・・
67