平凡女(アラサー)の婚活日記

10人並み(以下?)アラサー女の約5年に及ぶ婚活の記録

2019年02月

交流会等に関しての分析記事となります。婚活Ⅰ期を今振り返ると・・という視点で記事にしております。【「自然な知り合い方」を望んだ私が参加した場所】婚活の当初、「なるべく自然にお相手と知り合いたい」という考えがメインにありました。・異業種交流会等の交流会系・ ... 続きを読む
交流会等に関しての分析記事となります。婚活Ⅰ期を今振り返ると・・という視点で記事にしております。


【「自然な知り合い方」を望んだ私が参加した場所】

婚活の当初、「なるべく自然にお相手と知り合いたい」という考えがメインにありました。

・異業種交流会等の交流会系
・婚活イベント系
・友人の紹介

の3つの系統の出会いの場でした。これらの場のみで婚活(というか当時は恋活)をしていたのは、先の記事にも書いたのですが「出来る限り自然に知り合いたかったから」です。「婚活」の色があまりない出会いの場を選んでいたのです。

上記の3つの系統を、【婚活での出会い】というベクトルと【自然な出会い】というベクトルで見ると下図のようになります。


分析挿絵4





【知り合う場所によってそれぞれ特色がある】


まず「婚活での出会い」としての色が強いのは、 友人の紹介などお食事会 > 婚活イベント等 > 交流会等 というような感じです。

他方「自然な出会い」は、 交流会等 > 婚活イベント等 > 友人の紹介などお食事会となります。


もちろん、恋愛要素が強い場の方が独身で彼女の欲しい男性の数が多いので、婚活としての効率がよいです。自然な出会いとなると、自分の求める男性の母数自体が少なくなりますので、自然というのは効率が悪いということと同義です。


また、交流会や○○活、○○の会、○○パーティー、などなど・・・こういう場に居る方とは一期一会の色が強いかなぁと思います。
というか、自分の目的(婚活)とほかの方の目的がアンマッチですし、※婚活の場じゃないので当然よほど何か(趣味嗜好、感性、目的など)が合う方とじゃないと関係性が発展しません。なので、婚活目的のわたしはずっと遠浅の海をさまよっているような感覚でした。



分析挿絵1





【交流会などの婚活要素の少ない場は明確に「向き不向き」がある】

SNSで友達登録をしても「してるだけ」感がすごいといいますか、今思うと、何かを消費しているような・・・そんな出会い方でした。それはなぜか?下記の画像にありますが、こういった社交的な場には「向き不向き」というのが非常に反映されてしまうからです。


※向いている方ですと、SNSを有効的に利用できるかと思いますので、良縁に繋げられることもあると思います。

下の絵ですが、交流会系の場(広いフィールドでの出会い)にあまり向いてないのはこういう方というのを挙げてみました。(というかわたしなんですが・・)



分析挿絵3



なにしろ大層な面倒くさがり屋なのですよ。いや、本当に・・・しかも人疲れし易い。広く浅くを上手くできない。全然社交的な場に向いていない。しかも、婚活をしているものですから「お相手はこういう人がいい」という具体的な理想まで持ってしまっていましたから、場違い感がすごかったはずです。(しょっぱいです・・・・)
いかがでしょうか?上記の画像に共感される方であれば、婚活の場は結婚相談所や婚活サイト等にしていただいた方が良いと思います。


ちなみに、わたしは「普通のビジネスマン」の方を理想としておりましたが、こういう場に来る方はどちらかというと個性的な方が多い印象でしたのでそのあたりでも噛み合っておりませんでした。



【なぜ自身に向いていないにもかかわらず参加し続けてしまったのか】

これほど、自分に向いていないし、場違いな場であるのにもかかわらず参加してしまっていたのはなぜかというと、自分が「多少の社交性を持ってしまっていたため向いているという錯覚をしてしまった」というのがあります。


分析挿絵2


数少ない長所でもあるのがまた残念なのですが、

・初対面の方と話すのに緊張しない
・割と和やかな雰囲気で話せる


というのがありまして、なんとなく最初は楽しかったのです。しかも自分が人疲れしやすいという面も持ち合わせているということを忘れてしまっている・・・・
なので、自分には全然向いていない場違いな沼にはまってしまっているのに、そのことにはなかなか気付いていない・・・・そんな感じでした。なので、交流会等の結論としては、

・わたしのようなタイプ(上図参照)の人間には向いていない
・婚活主体の場ではないので結果が出にくく(婚活目的では)非効率的


となります。非効率という点で、結婚相手を探しているアラサーには(婚活の場としては)おすすめしません。20代中盤あたりの女性ならよいかもしれません。



【交流会などライトで自然に知り合う場が向いている方はこんな方】

逆に、こういった場に向いているのはどのような方かなと考察しましたが、

・これが好き!と言えるものが明確な方(そのジャンルに参加)
・社交的、かつ人疲れしない方
・次の出会いに繋げたり、深めることの努力を惜しまない方
・多少浅くとも、広い出会いを、それはそれで楽しめる方
・婚活目的は二の次で楽しめる方


という感じかなぁ・・・?とわたしの主観で恐縮ですが・・・。結婚したい!という願望のあるアラサーの方であっても、
婚活のメインとして交流会等に参加するのではなく、「いい出会いがあればラッキー」くらいの気持ちで本来の開催目的で楽しめる方であれば有効な手段となるかもしれません。(息抜きができるかもしれない)



以上が、ライトな自然な婚活の場についての分析となります。



応援頂けると幸いです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活Ⅰ期の後半頃のわたしです・・・・交流会、何とか活、ナントカパーティーなど・・・大人数で初対面の方とコミュニケーションをとる場に頻繁にでることに疲れてしまいました。こうなるまで限界を感じることが出来なかったのが婚活に時間がかかった一つの要因だと思ってい ... 続きを読む
婚活Ⅰ期の後半頃のわたしです・・・・

交流会分析①
交流会分析②


交流会、何とか活、ナントカパーティーなど・・・

大人数で初対面の方とコミュニケーションをとる場に

頻繁にでることに疲れてしまいました。

こうなるまで限界を感じることが出来なかったのが

婚活に時間がかかった一つの要因だと思っています。




応援頂けると
とても励みになりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


スポンサードリンク

合コン、焼肉さんの反省会記事となります。【まず、友へ心の土下座と謝罪】前回、期待が地に落ち、「あ、わたしパーティー要員だったんだ・・」と気づきました。その直後はショックで一時フリーズしましたが、とにもかくにもまずは一緒に参加してくれたユマちゃんマオちゃん ... 続きを読む
合コン、焼肉さんの反省会記事となります。


パーティー要員④

【まず、友へ心の土下座と謝罪】

前回、期待が地に落ち、「あ、わたしパーティー要員だったんだ・・」と気づきました。


その直後はショックで一時フリーズしましたが、とにもかくにもまずは一緒に参加してくれたユマちゃんマオちゃんに平身低頭の姿勢で(絵だと伝わりませんね・・・)


心の底から謝罪しました。


変なのにひっかかって巻き込んで本当に申し訳ございませんっっっと。


二人とも、優しいのでその場でこじれることもなく切り替えてくれるというさすが大人アラサー女性。淑女!


わたくしめは心のなかで「くっ・・・もう二度とこのような誘いに引っかからないようにせねば・・!」
と、固く誓いました。


自分ひとりならまだしも、友人にまで迷惑かけるというのはやっちまった感がものすごいですね・・・・


猛省しました。※漫画の誤字はご容赦下さい・・・




【切り替えて、その場を楽しむ案】

そして、切り替えて「せっかくの場だし楽しもう!」と、3人でパーテイーへ臨みました。


・・・・・・が。


漫画にあるように、前回でもお伝えしたようにウェーイ感・・?ていうんですかね・・・・?ものすごい若い、いわゆるパリピノリというんですか?


アラサーにはなかなか難しかったです。


しっとり落ち着いた空間でゆったり時間を過ごしたい・・・・!
うぇーーーーーーい、なテンションはもう、卒業している・・・・・・!


ユマちゃん、マオちゃん・・・・本当に本当にごめんよっ・・・・


思い出して記事を描いてますが、ほんとに申し訳なさがこみ上げますね・・・。



【自分の舞い上がりを後悔】

そして家に帰り、改めて誘いのメールを見るにつけ、内容を精査せずつっこまず流した自分に心底反省した次第です。


・・・・はぁ散々でしょっぱすぎる合コンでした





応援頂けると
とても励みになりますm(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

【メールの意味の解釈】前回の続きです。合コンで出会った「焼肉さん」からのお誘いの中に「お友達と」とあったので合コンを別メンバーで開催するという認識で、婚活仲間のマオちゃんとユマちゃんを誘いました。【お店へ到着し、感じる違和感】そしていざ当日。前回の記事の ... 続きを読む
パーティー要員②
パーティー要員③


【メールの意味の解釈】

前回の続きです。合コンで出会った「焼肉さん」からのお誘いの中に「お友達と」とあったので合コンを別メンバーで開催するという認識で、婚活仲間のマオちゃんとユマちゃんを誘いました。



【お店へ到着し、感じる違和感】

そしていざ当日。前回の記事の通りなかなかウキウキテンションで臨んだのですが・・・・・


指定のお店へ到着すると、外観がオシャレなお店だったんですね。「わ~おしゃれだ~」と、店内に入った瞬間、「ん・・・・・?」


ちょっとそのあたりにあった立て看板にふいに目をやると「クリスマスパーティー貸切」と
書いてあるではありませんか。


「・・・・・・・ん??」「何か間違えたかな??」と、思いを巡らせているうちに後ろから声をかけられました。


「シカさん」「あ、焼肉さん(若干ほっ・・)」


場所や時間は間違ってなかったようですが、・・・・・が、やはり何かは間違っているようです。(主にわたしが)



【前回の印象とはかけ離れた姿で登場する彼】


サンタのコスプレをしている焼肉さん。以前お会いしたときの落ち着いた大人のイメージとは異なり物凄くちぐはぐで困惑したのを覚えています。(良くいえばギャップ・・・・・?)



【まさかのパーティー要員】

この時点で状況と自分の間違いは大枠把握できたのですが、一応誘って下さった焼肉さんにもこの会は一体どういうものなのか聞こうとしました。


しかし、この会(パーティー?)の幹事であると思われる焼肉さんは別の誰かに呼ばれ、すぐにその場を去ってしまい別の輪の中に。


「楽しんで下さい」とのお言葉を残して・・・・。


はい、そうなんです。タイトルにもありますがどうやらわたしはパーティー要員だったようです。



【若者に溶け込む焼き肉さん】

お誘い頂いたこの飲み会ですが、実に年齢層が若い。

20代中盤の方々が大半ではないか・・?と、思われるくらい見た目が若かったです。(実年齢を聞いて回ったわけではないので不明ですが、多分20代中盤の方がメイン)


なかなか元気な若々しいのりでした・・


や・・・・・焼肉さん・・・・・ギャップが凄い。


32歳であののりに溶け込んでいけるのも何だか凄い・・・・!




【婚活で自然な出会いを目指す際の注意点】

以前記事にした交流会【謎の誘い】のコメントでビジネス系の勧誘というご指摘を頂き、「なるほど!婚活はそれ系の危険もあったな」と思い出させて頂いたのですが、


焼肉さんもそれ系だったのかしら・・?※勧誘的な話は一切なかったですが・・その後も焼肉さんからは何度かこの手のあいまいなお誘いがありましたが、(もちろん全てお断りしました)そういう目的だった可能性も否めないところです。


ライトな婚活をしようとすると、こういったことに遭遇する可能性がままありますので、婚活中の皆さまは何卒お気をつけください。



(マオちゃんユマちゃんに心の底から謝罪しました。)





応援頂けると
とても励みになりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

【婚活で理想の男性に出会うと非常に嬉しい】当時、28歳のころ。友人の誘いで合コンへ参加しました。焼き肉合コンだったので焼き肉さんです(センスは通常運転)。・32歳・IT関連会社エンジニア・年収は合コンのため不明・大人っぽい物腰・THE普通の男性(このブログで多分3 ... 続きを読む
パーティー要員①

【婚活で理想の男性に出会うと非常に嬉しい】

当時、28歳のころ。友人の誘いで合コンへ参加しました。焼き肉合コンだったので焼き肉さんです(センスは通常運転)。


・32歳

・IT関連会社エンジニア

・年収は合コンのため不明

・大人っぽい物腰

・THE普通の男性(このブログで多分3度目・・)



婚活で遭遇する「普通の人」というのは輝いて見えます。


わたしが言う普通の人、というのは「チャラっとしていなさそう」という意味も含んでおります。焼き肉さんは、平和そう~な落ち着いた普通の会社員の方でした。


当時28歳の自分から見た32歳の男性は実は個人的には割とギリギリに近い年齢差でした・・20代の頃は特に歳近が良いという希望が強かったように思います。


32歳の男性がとても大人っぽく見えていたというのもあったと思います。



【自分が好印象だった相手から連絡が来ると舞い上がる】

合コン中話していても楽しかったので、「連絡くれないかな~」なんて思っておりました。※肉食化前


すると!来たではありませんか。あちらからこういうのは単純に嬉しく、テンションがあがります。


よく見ると、「二人で」ではないんですが・・・


まぁまぁ素敵な男性は類友を呼んでる可能性が高いですし深く考えず、「チャンスがつながった♪」位な感じで楽しみにしていました。




応援頂けると
とても励みになりますm(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活中に女子会と称して集っておりましたが、どちらかというと傷の修復や愚痴の多い内容で暗黒面のほうが強かったです。 ... 続きを読む
暗黒タイム


女子会という名の定例暗黒会です。


上手くいかない現実への辛さを


こうして女同士で慰めあい、


また頑張るか!


と、立ち上がる、の繰り返しでした。



好きな人とは上手くいかない


とかいう現象は、


婚活している男女のよくあることで


みんながみんな傷ついたことが


1度や2度ではないかと思います。




でも、不思議と、定例暗黒会を


あまりしなくなってから


彼氏ができ(別れましたが)、


更には結婚相手と結婚まで


駆け抜けたのは不思議です。


偶然かもしれないですけれど・・





このブログに登場する


婚活仲間のユマちゃん、マオちゃんも


同い年で、同じ年に全員入籍しましたが、


この二人とは頻度は少ないながらも


婚活期間中はちょこちょこと


会っていました。


結婚や男性に対する価値観が似ているから


必然的に婚活中ずっと会い続けてきた


のだと思います。






愚痴ばかりというのは


自分にも毒で、大変苦しくなってしまいます。


ですが同じ状況で頑張っている仲間と


励ましあうことは


婚活中の大きな支えとなりました。




婚活終盤は、マオユマシカは

進捗報告のみで「ま、頑張るしかないな」

と、割とドライに集っていた気がします。




取り留めもなくなってしまいすみません・・・





応援頂けると
とても励みになりますm(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村