1
2

昨日の記事は
今の自分視点も含めた総括で、
今日のはリアルな
当時の反省会です。




でも何か似たような内容ばかりで
ソーリーソーリー
漫画描いてしまったので
大目に見て頂ければ幸い。




柔らかい雰囲気がありつつも
芯が強い、




ってのが理想なんですよ。
わたしはそういう人になりたい。




それはそれで理想として
持ってていいと思うんですけど、




自分の「こうなりたい」が




相手に「こう見られたい」になってると




きついっていうか
イミテーションていうか



わかってないのに
わかってる振りっていうか・・・



現実の自分ではないものに
装っているので
その落差にまたしんどくなります。



それから
こう思ってほしい
こう見てほしい
と思ってしまったらそれはもう
ありのままの自分ではないです。



自分らしくいるときに
それをどう捉えるかは
もう相手次第なので
コントロールは出来ない。



それをコントロールしたがったら
もうダメなんだと思います。




装わない部分で
うまくいかなかったなら
それはもう合ってない。




もしくは
装う弱さを許してくれない相手は、選ぶときつい。




それなのに相手ベースで
自分を責めてしまったら
自分のらしさ、良さを
自分でつぶしにかかることになります。



最後のコマみたいな考えって
自分を思いっきり否定しているようなものなんで。



会社とか、
一定時間しか関わらない場所でなら
処世術として装ってもいいと思います。
その方が円滑だったりするから。



でもね~
プライベートでまで
やることじゃないというか。



そんなのしてたら破綻前提っていうか・・



自分の居場所となりうる所で
ありのままで居られないって地獄ですよ。



相手を丸ごと理解して
自分もそうしてほしくて
真剣に向き合ってほしい



大事な部分を交換しながら
差し出したり、
差し出してもらったり
そうしながら
信頼とか色々なものを築き上げたい



そういう相手を探しているのに



そこを全く無視した行動をしているのです。
このときのわたしは。



自分を理解してくれるたった一人を探しているのに



それとは真逆の方へ行こうとしています。



婚活の迷走って
こういうところから来るのかも。




自分を正しく理解して、
自分を正しく満たす
自分の本質にフィットしている行動をする
っていうのは
本当に本当に婚活では大事です。
※いや、まぁ婚活に限らないですけど。



少なくともそれが自然と
無意識にできる人は4カ月で婚活を終わらせてる。
(夫っす・・)



何か・・・・
くどいくらいに同じことを言ってるんですが




それ程
大事というか・・
強調したいことなんです。



あと、当時は
婚活に対して
本気モードにはなっていたんですが



出会いが多いからか
一つに対して結構ずさんだったことも
反省しました。



一つの出会いに失敗したり
上手くいかなくても
次の出会いがもう隣にあるので



一つにの出会いに対して
集中力が無かったというか
昨日の総括で
市松さんや四谷さんへの対応を
もっと頑張ればよかった・・と書いたように



ちょっと流すところがあったのも
反省しました。




そして、ネット婚活終了後
漫画記事の様に
疲れてしまって




結婚相談所に入るべきだと
思ってはいたんですが
気持ちがついていかず




「相談所入らなきゃ」
「でもめんどくさ~」
と葛藤しながら
合コンとか相席屋で
ゆるく婚活をすることになります。




婚活Ⅲ期に入っていきます。




↓心の芯から反省したのはⅡ期の後。



↓下記画像からネット婚活記事一覧へいけます。
1


ちょいちょいつぶやいてます


応援頂けると幸いです。

特に本編とは無関係ですが、頑張って描いたという理由だけで置いておきます。(田中さん編を始めから読む)しつこく置き続ける・・
67

更新通知が届きます