シカブロ-平凡女(アラサー)の婚活日記-

10人並みの平凡なアラサー女が紆余曲折の5年の婚活を経て結婚に至った回想を、時には少女漫画調も入れつつ綴ります。 そして「結婚はゴールじゃない・・」ということで、結婚後の夫婦の日常も平和に綴ります。

カテゴリ: 合コン、相席屋

何か・・・・タイミングをなくしたんですよ。・行きたくない・相手を立てた方がいい・奢ってくれたこの三つがどどどっときて行動を誤りまして。でも、こう。明確にこの後どう?と誘われて初めて「行 き た く な い」と思うという。あ、あとちなみに居心地の悪さの原因は「初

ネット婚活で惨敗してるし・・・自分なんかを良いって言ってくれてるし・・・ちょっとした違和感以外は自分も「いいな」と思ってるし・・・婚活してるとですね、これで断る理由ってないんですぜ。違和感の正体がいまいちわからんてのがミソなんですよ、ええ。

純粋に本当に好きなんだろうな~っていうのと落とすために言ってるっていうのの違いっていうんですかね・・・もし本気で好きなら(一目惚れとか・・)もう少し相手の出方を探ったり距離感を測っちゃうと思うんですよ。慎重な面が出るというか・・・それなりに気に入ってはくれ

内心ちょっとテンパりました。でも何かやっぱり手慣れてますね。サラッと手を繋ぎサラッと付き合おうと言いサラッと引くあまりひとつの行動に重きを置いてないんだろうなと。わたしは腰が重くフットワークも重くものぐさなのでこうとりあえず付き合ってみようみたいのは・・

う~~ん・・・資産にはなるし買い替えという選択肢も別に無くはないと思うと「いいんじゃない?」と感じる方もいますかね~・・・?わたしはなぜ相手がいないのにそこまで盛り上がれるんだろうとか賃貸の家賃がもったいないという己の考えのみで行動している感じがパートナ

彼が仕事に戻ったのは23時過ぎですよ・・・・お金がある人って大体が時間が無いと思うんですよ(不労所得とかは別)家庭に割く時間が無いということはやはりパートナーに専業になってもらうか外注かだと思うんですが・・・研究さんのこれは、共働きで「外注しようぜ」っていう

久々の合コンネタです。この日は大手メーカーの研究職の男性と合コンでした。そうです、研究職だから研究さんです。一応婚活してるという男性がおりその話になったんですが、「お金持ってるアピール」が凄い。何となく、勝手なイメージなんですが婚活でお金持ってるアピール

日本海記事最後です。え・・・・あ、まだね、続くんですよ、日本海さん。まさかの余談ですよ。怖いですね~長いですね~・・・・婚活仲間のマオちゃんとはよく合コンなどへ一緒に参加していました。また、婚活以外でもお茶をしたり飲みに行ったりする仲です。同い年で性格も

すみません・・・実は長い日本海さん記事です。「もっと色々慣れてるでしょ?」じゃ、ねーーーわ!・・・すみません。あからさまなヤリ目的誘導に心が荒れてしまい乱暴な言葉使いになってしまいました。・・・・なぜこの日、二人の家の間の駅での待ち合わせではなかったのか