平凡女(アラサー)の婚活日記

10人並み(以下?)アラサー女の約5年に及ぶ婚活の記録

カテゴリ: 年齢について

しかし林先生が発動するまで・・・2年以上かかっているしょっぱさはあります・・・・以前別記事で「結婚願望が突如芽生えた(該当記事にとびます)」ことをお伝えしました。その出発点から始まり「婚活の本気スイッチが入った」理由が今回の記事となります。5年に及ぶ婚活です ... 続きを読む
本気スイッチ1
本気スイッチ2
本気スイッチ3

しかし林先生が発動するまで・・・2年以上かかっているしょっぱさはあります・・・・




以前別記事で「結婚願望が突如芽生えた(該当記事にとびます)」ことをお伝えしました。


その出発点から始まり「婚活の本気スイッチが入った」理由が今回の記事となります。


5年に及ぶ婚活ですが、なぜそんなに婚活に勤しんだのか、というのが結婚願望を強める第二段階になります。


願望に直結しているわけではありませんが、婚活で本気にならざるを得ない理由です。




【婚活開始時は大分のんきにやってた】

概要の記事などでもお伝えしていますが、婚活願望が芽生えながらも、


婚活開始時は思い切りのんびりやっていました。



恋活モードでふわふわふわふわ・・・


危機感はありません~~!



昨今、アラサーで結婚していない女性はごろごろいます。特に20代アラサー。


日常の生活で焦るという感覚は持とうと思っても難しい。特に結婚願望芽生えたてのひよっこにはピンときません。


しかも27歳当時、学生時代の仲良しグループの既婚者数は、9人中2人だったかな・・・


その中で長い付き合いの彼氏がいるのが3人。


その彼氏持ち3人の内2人が28歳で結婚。


結果的に28歳時点で9人中既婚が4人、彼氏有が1~2人(変動有)。


彼氏なしが3~4人前後!(へぇへぇ・・この中にわたしが入っておりやす・・)


何かの統計を、小さな世界で如実に表しているようではありませんか。


まぁ半数以上が結婚していないんですよ・・・独身謳歌中。焦ることができる環境じゃない。


・・・余談ですが、33歳時点では9人中6人が既婚です。そして6人の既婚者の中で子供がいるのが3人。本当に何かの統計のような数字です。結婚しない宣言をしている友人もいます。人生の選択が多様化していますね。



【婚活をしながら徐々に気付くアレ】

アレとは。


はい、そうですそうです。ご存知のとおり、


女性の年齢問題です。


これですね~・・・・・・


日常生活では28歳くらいだとまだまだ痛くもかゆくもないんですけれども。


婚活をしていると徐々に、否が応でも思い知ることになりますね。


女性の年齢は若ければ若いほど価値がある。


みたいな。


必ずしも絶対的価値とは言いませんけれど、婚活のフィールドではもう言わずもがなです。
昨今では女性に限らず・・というのもあるかと思います。
(わたしがそう思っているとか、誰それがそういう価値観だとか、そういうことでないです)


でもそれが現実なんですね・・・・。仕方がないことです。


自分の力でどうこうできる範疇のことではないことのひとつですね。


受け止めるしかない。


このことを徐々に感じ始め


「こりゃまずいぞ、ふわふわ婚活してる場合じゃないぞ、自然な出会いとかほざいてる場合じゃないぞ」


と、危機感を持つようになります。



【年々かせになる】

もう本当に言わずもがなですが、婚活では年齢での足切りがあります。(年収の足切りと並べられていますね・・)


ですので、歳を重ねるごとにこの枷は重くなるばかりです。




【考えや希望が不変ではないということ】

27~28歳ころ、突如結婚願望が芽生えたことを別記事でお伝えしました。


・突如、結婚願望が芽生えた記事はこちらから



そしてそのことにわたしは若干恐怖を抱かざるを得ませんでした。



人の考えとか気持ちって、急に思いっきり予測しないほうへ舵をきるんだなと。

予測不可能です。



それまでは、実は割と気持ちにブレが無く、変化せず、周りの環境の変化にもさして左右されずに生きておりました。


なので、この突然芽生えた結婚願望というのが結構衝撃で、


変わらないことや気持ちなんてそうそう無いんだなと。覚悟とかは不変かもですが・・。


だから・・・・思っちゃったんですよ。


今、さして結婚への熱意がなくても、5年後や10年後はどうなるか分からない。


子供が欲しいということを今、さして思っていなくても、5年後や10年後は・・・・


今の状態で思ったり感じたりしていることが、この先ずっと変わらないなんてあり得ない。


あり得ないというか、今この時に変わらないと言い切ることは不可能です。




【本気スイッチが徐々に入る】

文章が散漫になっておりますが、タイトルにあるように、


・婚活での年齢の足切りという現実
・自分の価値観は思いもよらず激変する



この二つのことで、どんどん本気度合いが増していきました。


結婚願望が芽生えた時点で無計画ではありましたが、婚活を「えいっ」と開始したから気付けたことかと思います。


現場に行かないとわからない。


・・・しかし27歳と、婚活スタートの年齢はかなり良い年齢だったのにアドバンテージの無駄遣いが甚だしかったですね。田中に大分割いたぜ・・・




そして最後に、婚活しようかなぁと思ってる方に声を大にしてお伝えしたいのが



結婚相談所は最後の砦じゃないんですよ~~
各種婚活ツールの中で最も年齢のアドバンテージが発揮されるんですよ~
逆を言えば、年齢の足切りが最もえげつないんですよ~
※文字が小さいですが、3つ目のが一番伝えたいかもしれない。



ということです。これからも何度となく主張したいと思います。


更新通知が届きます

ふわふわしてた時期に最もはまった(時間を割いた)男性との記事はこちら
㊾

田中さん記事カテゴリ
takana

応援頂けると幸いです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

今回、田中さんの記事がおっつかず別のストック記事の掲載となりますお店は悪くないと思います。・・・・独身の出会いの場というコンセプトのお店に来ちゃう既婚者が、どう考えても悪いです。30歳の頃、婚活仲間のマオちゃんと相席屋を訪れました。以前行ったときは同世代と ... 続きを読む
今回、田中さんの記事がおっつかず別のストック記事の掲載となります


相席屋【無料の悲劇①】

相席屋【無料の悲劇②】


お店は悪くないと思います。・・・・独身の出会いの場というコンセプトのお店に来ちゃう既婚者が、どう考えても悪いです。





30歳の頃、婚活仲間のマオちゃんと相席屋を訪れました。



以前行ったときは同世代と相席をさせてくれましたが、三十路だからでしょうか・・・・・・



そこそこ年上らしき男性3人組のテーブルに着くことに。



(あ・・・・・お店に来る女性の中では上の方なんだ・・・・・・・そっか・・・はは・・・)



周りを見ると結構若い女性が多いなぁ、なんて思ってみていました。



そして、開始早々に気が付きます。





おい、手元



手元に何かついてるぞ。




とりあえず、全く隠す様子はなく・・・。で、突っ込むとまさかの








全員 既婚







いや~・・・・女性無料ですけどね。



でも一応出会いを求めて行っているのですよ。タダ飯、タダ飲み出来ればいっか♪みたいなテンションではないのですよ・・・・・




お店のコンセプトも出会いを提供するお店という体なんですけれども・・・・・・・(しつこく主張します)



確かに入店のたびに独身証明出せなんて、あらゆる面でできるはずもないのですが、



ちょっと、全員既婚て・・・・!




あんまりにもあんまりでは・・・・!



しかも彼らは「あ、ばれちゃった~HAHAHAHAHAHA」みたいなノリでですね・・・




何か、例のごとく「接待」として利用していたようです。(取引先の責任者を連れてきていた模様。指輪をつけていた男性が接待されている立場とのこと。)



いやまぁ・・・婚活の中では「明け透けに既婚を主張してくる」だけ、まだ良心的な?(というか本気で騙しにきていない)部類かなと思います。



あえて既婚を主張した上で相手に選択させるという卑劣なやり方とも取れますけれど!(承知の上で一緒にいるんじゃないの?的なね!)






いやそもそも、来 る な、という話なんですけどね。



相席屋できちんとした出会いもちゃんとあります。(3話連続します)
相席居酒屋リンク用




一応(ブログ内で)進行中の田中記事カテゴリはこちらから。
takana


田中さんの記事を始めから読む場合は下記からどうぞ。
tanaka2


読者登録をするとLINE通知が届きます




応援頂けると幸いです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

今でもメールの代替として使ってるし、1回の文章は長めのほうが落ち着きます。大型の合コンみたいなパーティーへ行ったときのお話です。まだ婚活Ⅰ期の終りころでしょうか。なのでライトな婚活の場(むしろ恋活寄り)という感じでした。そこで知り合った男性ですが、24歳。わ ... 続きを読む
ライン1
ライン2
ライン3
ライン4

今でもメールの代替として使ってるし、1回の文章は長めのほうが落ち着きます。





大型の合コンみたいなパーティーへ行ったときのお話です。まだ婚活Ⅰ期の終りころでしょうか。なのでライトな婚活の場(むしろ恋活寄り)という感じでした。


そこで知り合った男性ですが、




24歳。


わ・・・・・若いわ~~




何か・・・30歳と35歳よりも差があるように感じます。同じなのに。



ライトな婚活の場に行くとこう、若い男性も多いです。


当時ですね、もう30歳がそこに見えてきたということで、


年齢に対し大変ナイーブになっておりました。


年上が相手だとスパッと隠さず言えるのですが、5歳も年下の相手に対してだと


い・・・・言いたくないわ~~・・・・・


という感じでした。




そして、アラサーという便利な言葉に逃げました。




ちなみにこの便利な言葉は、30歳を過ぎてからもなお「めっちゃ便利な年齢をぼかす言葉」として利用しまくりました。


で、何とかごまかしたのですが、どうやらあまり年齢差がないと勘違いされたようです。


(女性の年齢の3歳程度のプラマイはパッと見分かりにくいと思われる。暗がりでの対面でしたし・・)


自分的に年が離れているということで、もうないだろうと思っていたのですが、


翌日、その彼からフランクなラインがきます。


そして送信するや否や、


「え・・・・・?チャット・・・・?」


みたいな速さの即既読即レスが返ってきます。


は・・・・・・・早い・・・・・・・


ついていけそうに・・・・・な・・・・い・・・・・・む・・・り・・・・



わたしはもうメール世代なんですよ。メールの頻度と文章量がほっとするんですよ。


ラインはメールの代替ツール


その後、件の彼とはラインの頻度の噛み合わなさでやりとりがトーンダウンしていき、自然に消滅していきました。


・・・・・年齢を誤魔化して切り抜けても、駄目なことがたくさんあるんだなと思ったエピソードのひとつです。

※補足:4ページ目の描写ですが、偶然前にいた若い女性が画面を高速で切り替えるところが目に入ってきました。人様のライン内容は一切みておりません。



更新通知が届きます



現在ブログでメインに進行している男性との記事はこちらからどうぞ。
(記事カテゴリ:本気の恋、田中さん)
takana

田中さんとの記事を最初から読む場合はこちらからどうぞ。
tanaka2


応援頂けると幸いです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

※夫とはまだ交際段階で結婚していない時期の話です。わたしも同僚も中途組なので年齢が違いますが同僚です。会社の上司と、同僚とで話していたときのことです。ちなみに、27歳の同僚は「依存されるのが重いから嫌」という理由ではなくて、「結婚を見据えた相手ならば、自分 ... 続きを読む
ジェネレーションギャップ1
ジェネレーションギャップ2

※夫とはまだ交際段階で結婚していない時期の話です。わたしも同僚も中途組なので年齢が違いますが同僚です。



会社の上司と、同僚とで話していたときのことです。


ちなみに、27歳の同僚は「依存されるのが重いから嫌」という理由ではなくて、


「結婚を見据えた相手ならば、自分で考えて決めることができる女性がいい」という理由が前提にあり


「なんでも男性が決めなくてはいけない関係の女性とは結婚が考えられないことに最近気付いたんですよ。未来がないのに付き合い続けるのは相手にも失礼なので」ということで別れたそうです。





ほ、ほう。


若いのに(未来がないから別れるという選択をきちんとするのは)しっかり考えてるんだなぁ~
(わたしから見て27歳は若い)



ちなみに、彼女は同い年だったそうです。




27歳同僚はゆとり世代で、男女平等が世に浸透しているなかで社会人となった世代です。


45歳上司は、「男女平等を始めましょう」というのと、就職氷河期に直面している世代です。


真っ二つに凄く違うよね、というわけではないですし、どの世代でも価値観はそれぞれだとおもうのですが・・・


でもなんか、27歳の同僚のほうは「今っぽいなぁ」と思いました。(夫もこんな感じです)


上司のほうは、「昭和の強い男性」という感じでしょうか。


そして両者は女性に対しては違った種類の優しさを発揮するんだろうなぁと思ったりしました。


依存してくるのが可愛いという価値観は、わたしにとって何だか新鮮でした。
依存されるのが重い、嫌だという理由で振られるなんてことは世の中に割と多い気がするので。


依存にも色々あるかと思いますが、上司が言ってるのは、同僚の意見の反対のようだったので


決めることに対して頼ってくれる、判断を任せてくれるというイメージでしょうか。


わたしはちょっとあまりそれが出来ないので、可愛げがない部類に見えるかもしれません。愛嬌でカバーが必須かもしれない。



・・・・でも仕事ではめっちゃ「自分で考えて決めて企画して実行して実績だして」みたいなのを求めてて、「それが働く女性のあるべき姿だろ」感だしてくるじゃないですか・・。いや、職場の女性は上司にとって女ではないから当然ですけど。


仕事以外でのこういった価値観を聞くと、上司(の世代?)にとって仕事面での男女平等(働き方改革もしかり)という現代社会が目指す方向は、やりにくさを感じてるというのはあるんだろうななんて思ったりもしました。


・・・・すいません、夜の変な時間に書いてるもんだから脱線してしかもぼやきっぽくなりました。仕事でもジェネレーションギャップはつきものですね。何卒ご容赦下さい。


更新通知が届きます



応援頂けると幸いです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

2019年が明けましたね!本年もよろしくお願いします。年明け早々ですが・・・・結局か。みたいな内容ですみません。【20代アラサーは結婚に焦らないことも多いけれど・・・】27~28歳あるあるかなと思うのですが・・・「まだそこまでやらなくても、できれば自然に出会いたい ... 続きを読む
2019年が明けましたね!


本年もよろしくお願いします。


20180102
20180102-2


年明け早々ですが・・・・


結局か。


みたいな内容ですみません。


【20代アラサーは結婚に焦らないことも多いけれど・・・】

27~28歳あるあるかなと思うのですが・・・
「まだそこまでやらなくても、できれば自然に出会いたいし・・・・」「そんなに焦らなくても結婚してない人周りにたくさんいるし」
「婚活って大げさすぎてちょっと・・・」「30前半から中盤位で結婚できればいいかな~」


みたいな・・・・・・・


当時のわたしなんですけれども。


気付いていないんですよ。
周りの結婚していない子の半分位(大体彼氏持ち)が着々と彼氏と結婚について真剣に検討段階に入っているという事実を。


まだこの年齢だと結婚してない同年代がごろごろいますし、会社には独身でもさして焦っていない先輩方が少なくないんですよ。


・結婚願望が芽生え難い
・一人で楽しめるツールが多すぎる
・結婚せずに人生を楽しんでいる女性が多い


このあたりで20代独身アラサーの
結婚への焦りというものが甚だしく希薄になります。



【結婚相談所などの真剣な婚活の場と年齢】

独身で人生を楽しむという点については
己の人生ですから、良いと思いますし他人がどうこう考えることではないのでそこにフォーカスしたいのではなく、


結婚したい、出産したい願望があるタイプなのに、
それを痛烈に認識する、というタイミングが遅くなると、結婚への道が非常にハードモードになるよ、ということです。(わたしです)


だから、婚活後期には何度も後悔したのですよ。
そして27歳の自分に対し言ってやりたかったんですよ


つべこべ言わずに相談所入りたまえ!!!!


と。


婚活への本気度合いが強ければ強い場所ほど若い年齢ということの優位性が際立つんですよ。


結婚した今にしてみれば、
あのタイミングで相談所に入ったからこそ夫に出会えて夫と結婚できたのでそれは「逆に良かった」と言えますが、相談所であれやこれやしていたときのことを思うと、これから婚活を始めますというアラサー女性には今回の内容をお伝えしたかった次第です。(男性も他人事ではないとは思います。)


最終的には相談所で活動しましたが、
こんな後悔をするほど、やはり20代というのは婚活の場ではどこでも有利だなぁ・・・というのは痛感しました。