シカブロ-平凡女(アラサー)の婚活日記-

10人並みの平凡なアラサー女が紆余曲折の5年の婚活を経て結婚に至った回想を、時には少女漫画調も入れつつ綴ります。 そして「結婚はゴールじゃない・・」ということで、結婚後の夫婦の日常も平和に綴ります。

カテゴリ: 婚活Ⅱ期(ネット婚活)

女性ならどんな平凡でも発生するという最初のフィーバー的ないいねラッシュが落ち着いてきました。わたしの婚活スタイルは概ね受身です。肉食を推奨していますが7割方は受身です。ただ、このような状況で受身でも時間がもったいないのでいいねを。すると、一番難易度高そうな

ネット婚活~結婚相談所の時代どんな感じの毎日だったかという記事です。簡潔に言うともう隙あらば婚活。です。まずこの頃、正社員として就職をしたのでカレンダー通りで出勤し、月の残業は20~30時間でした。帰宅したらご飯お風呂等ルーティンを片付け翌日のお弁当準備なん

はい。初アポ以来ずっと感じていたモヤモヤの正体に気付きました。顔がでかいというのは当初から感じていたのですがそれがモヤモヤの理由だと腑に落ちたのがこの瞬間みたいな感じです。そしてそれは実は自分の強烈なコンプレックスなんです。自分自身が欠点だらけなので人様

へいへいへい触り過ぎだぜ後藤さん男性も女性も、対して仲良くないのにボディタッチするのはやめようぜ!若い時のキャッキャした合コンじゃないんだからさ・・・初回アポで感じた良く分からないモヤモヤは、あってないときは感じませんでした。で、相変わらず分からない状況

パッと見、申し分ない感じです。女性にも普通に慣れている感じで、女友達とかもいそう。彼女もいた模様。でも何かモヤモヤする。得も言われぬモヤモヤ。その理由はまだ分からずです。次の後藤さん記事応援頂けると幸いです。にほんブログ村更新通知が届きます特に本編とは無

ちょっと機会損失かな~と思ったり。でも「吸う」の人は、それを受け入れて、の意味も含めて「吸う」にしている人が多いかな・・?受け入れてと言われると生活の中に入るということだから、それは無理・・・・ということで、この項目さえなければな~・・・と、お断りをした

婚活ではそこそこありがちなやつかもしれない。違うやり口で獲物を欺く者どうしの邂逅でしたが・・・・(中二っぽく表現してみる)普通に友達と話しているような気易さがあったからかわたしのほうは写真との違いには途中で慣れました。(向こうがどうかは知らん)普通にライン

最低でも8年経ってる。・・・いや、人のこと言えませんでね。奇跡の一枚系の写真を採用している身としては。↓奇跡の一枚だから「違うぜ」っていう驚きでは双方同程度だと思います。ゆえに文句はないぜ!(いや、きれいごとかもしれない自分を棚に上げて・・・さーせん)ただ

こういう経験は正直初めて。電話って、周波数?か何かの関係で、実際の声からいくらが音が削がれていると聞いたことがありますがそれにしても失礼を承知で言いますが怖かったです。本当に。話し方とかも怖かった。鳥肌が止まらなかったので本能的に何かを感じていたんだと思

電話する方に倒してしまいました・・・プロフを見た感じとっても良さげだったんです。写真が特に。多くを望まないけど「普通がいいっ」と多くの婚活女性が言っていると思いますがわたしも言ってた。その普通のいい感じの男性がプロフで登場したんですよ。でもメッセージがと

コミュニケーションがもし苦手でも結婚したいのであれば頑張らねば。多分みんな頑張っていると思います。相手を知ろうとするとか・・自分を伝えようとするとか・・・色々色々・・・今でも強く思いますが、結婚生活とはコミュニケーションが本当に大事(当時は確信していたわけ