シカブロ-平凡女(アラサー)の婚活日記-

10人並みの平凡なアラサー女が紆余曲折の5年の婚活を経て結婚に至った回想を、時には少女漫画調も入れつつ綴ります。 そして「結婚はゴールじゃない・・」ということで、結婚後の夫婦の日常も平和に綴ります。

カテゴリ: 婚活Ⅲ期

当時婚活に疲れ切っていたので何としても結婚!とかの真摯で真剣な感じではなく目の前のことが楽しければいいか・・・みたいにふわふわしていました。一種の現実逃避かな・・?

いや~・・・恋愛っぽさを描くのは何か恥ずかしいですね。田中編でも十分描いてたんですが。婚活の内容なので恋愛のシーンとかは多少は書くことになるというか・・・多少寒いシーンがあるかもしれませんが広い心で見て頂ければと思います。何か3回会っていて親密にはなるんで

いまだったらもし彼女居るなら居るのにそういう行動してくる男性なんて絶対やめとこうと思うんですけどね。この時期はメンタルが底で荒んでたしちょっとクズ寄りな思考でした。あと承認欲求を恋愛に求めてましたね。個人的に結婚相手を探してる状態なら一番ダメなものだと思

この頃から相手にハイスぺを求めることと自分自身のスペックについて考えるようになりました。このままで自分いいのかしら?とか。相手の手柄はわたしの手柄じゃないしとか。本当に満たさなきゃならないのは自分で自分の状況を満足できるものにすることじゃないのかとか。ハ

いや~何か暗い記事ですみません。この時期はこれまでの婚活の上手くいかなさにメンタルがかなり谷底でした。あと29~30の境でどうにもならない体の老化というのを人生で初めて自覚したりして何か色々ダメージをくらってました。今が一番若いはずなのに髪の毛がやたら抜けた

あんどぉぉぉぉおおっっえ~・・・一応、このエピソードのメインは佐藤さんです。安藤さんではないです。でも意味不明の横入りをしてきました。ここまで明け透けに話してくる既婚者というのは初めてだったので大分印象深い安藤さんです。何か本当に色々見透かされて下に見ら

安藤さんは既婚ですぜ。まず、飲みに参加したのはいいですが会話についていけない・・・前回会社名を聞かれ答えに困りましたが、大手企業勤めの方は大手企業のことを話すのがすきですよね。社員数数万人規模を誇る大手企業の総合職と百数十人の小さい規模の企業の一般職では

なぜか、合コンで男性側の幹事だった安藤さんからラインがきたり合コンや飲みに誘われていました。わたしは佐藤さんと繋げていきたかったのですが、佐藤さんの先輩だしな~ということで完全スルーはできず。そして当時婚活期間ではいちばんメンタル病んでたというかかなり打

進みが遅くすみません~この頃30過ぎて、女性の扱いに慣れていてコミュ力もあり見た目も良い感じの男性が独り身ということに疑問を抱きがちになってました。既婚か彼女がいる・・・?もしくは本性がとてもクセがあるか・・?みたいな。男性はその本能的に女性を追うことが多