シカブロ-平凡女(アラサー)の婚活日記-

10人並みの平凡なアラサー女が紆余曲折の5年の婚活を経て結婚に至った回想を、時には少女漫画調も入れつつ綴ります。 そして「結婚はゴールじゃない・・」ということで、結婚後の夫婦の日常も平和に綴ります。

カテゴリ: 婚活Ⅲ期

下衆い下衆いネットワーク。軽井さんは気を遣って若い男性を合コンのメンバーに呼んだわけではなかったんですね。38歳が32~33歳のチャラい人に交じってチャラい遊びをしていただけだったんですね。いや~~怖い。ほんと、ライングループでどの子といつどこで何して遊んだと

一次会はそこそこ盛り上がっていました。一番のイケメンは友人をロックオンし、それ以外は眼中にない感満載でしたが、他の人は普通に楽しく話してました。多分このグループ内でも一番イケメンはやはり権力?というかもろもろ強いのだと思う。軽い軽いグループだとモテ、とか

名前で察して頂ければ幸いです。いや~・・・まずイベントで声を掛けてくれた軽井さんですが、年齢がちょっと上でしたが(38歳位だった確か・・)聞けば誰でも知っている大手メーカーの方だったので、気合入れて臨みました。軽井さんも、中々気を遣って女性に寄せたメンバー

前回の記事にきちんとかけておりませんでしたが獅子君からのラインに対しお付き合いについても難しい旨の返信をして終了となりました。その旨を婚活仲間のマオちゃんに話していたところチャラい男性は楽で、楽しいという結論に一旦なりました・・・え?・・・・いや~デート

初回からずーっと感じていたなんか居心地悪い、の本当の正体がわかりました。圧が凄い。記事にあるように控えめで従順?な女性が合うのだと思います。彼には。ちょっと時間がなくあまり文章が書けない・・・すみません

モラハラ人間に行ってしまう姉がよく下手に出て宥めようとしているのを見てきたのもあり下手に出てずいずい来られるのは嫌だと思ってしまいました。こいつ踏みつけてOKみたいになってたまるかという・・・で、こんな感じのラインにプラス前回のお金の件も一緒にラインしまし

めっちゃっくちゃ怖かったです。Twitterでも人気のライターのトイアンナさんがツイートしてましたが婚活とか恋愛で「怖いと思われたら終り」いや、本当に。怖いっていうのは恋愛感情の対極かなとすら思います。それまで絵文字等適度に使ってやりとりしていたので、この全く違

2~3回振り返っても獅子君はすでにいなかったんですが、何か後ろがめちゃくちゃ怖い。ぞわぞわとか寒気、鳥肌とかではなく怖い。こんなのを感じたのは初めてでした。どうフォローのラインをしようかと考えていたところ獅子君からラインがきました。

何か・・・・タイミングをなくしたんですよ。・行きたくない・相手を立てた方がいい・奢ってくれたこの三つがどどどっときて行動を誤りまして。でも、こう。明確にこの後どう?と誘われて初めて「行 き た く な い」と思うという。あ、あとちなみに居心地の悪さの原因は「初