シカブロ-平凡女(アラサー)の婚活日記-

10人並みの平凡なアラサー女が紆余曲折の5年の婚活を経て結婚に至った回想を、時には少女漫画調も入れつつ綴ります。 そして「結婚はゴールじゃない・・」ということで、結婚後の夫婦の日常も平和に綴ります。

タグ:条件

婚活Ⅳ期のころとどの辺が違うかというと内面的な条件の部分です。フィーリングが第一優先だとか穏やかで優しい人のイメージが漠然とし過ぎてるとか不誠実を容認しているのとか・・このあたりの詰めや考え方が大分違います。でも多分結婚生活という点においてはこのあたりが

いいですか・・・めっちゃ語ります。100パー浮気しない!は、無理だと思うけれど、限りなく浮気しない人々は、存在します。そして人によるっちゃよるかもしれないけれど長期的な結婚生活で精神的な幸福度を考えると結構大事な要素がこの「人としての誠実さ」かな~~と思って

今回は、価値観、フィーリング、性格について。様々な見解があるかと思いますが、わたしが婚活ブログを描いていくに当たりましては、価値観、フィーリング、性格の三つを大体このようなものとして書いている、と捉えて頂ければと思います。【価値観について】※我々夫婦以外

我々は婚活の場で知り合った夫婦ですが、タイトルにあるように、入籍の前までに発見した夫の『おぉ』と思ったところをいくつか挙げていきます。よく「結婚前に感じた違和感は大事」というのがあるかと思いますが、違和感だけではなく『素敵だと思ったこと』(何感と表現すれば

以前も触れていますが、非正規雇用時代の自身のことについてです。丁度、今展開している田中さんと会っていた頃この記事のような状況でした。(あくまでわたし自身に思うことであり、世間の人様に思ってることではないのでご承知おきください)【合コンでの自己紹介の憂鬱さ

都心部での実家暮らしは珍しいことではないかもしれませんが、30歳を過ぎるとやはり婚活の場では非常に気まずかったです。「貯金できるし」という理由だけではフォローになりません。最近なら子供部屋おばさんという恐ろしい言葉も出てきてしまった・・